ショパン 幻想即興曲 Op.66(Audio演奏付)ピアノ・ソロ

ショパン 幻想即興曲 Op.66(Audio演奏付)ピアノ・ソロ Summary

ショパン:幻想即興曲 Op.66(Audio演奏付)ピアノ・ソロ【プチプカ シリーズ】

1855年出版 1834年作曲
幻想即興曲
Fantaisie-impromptu in C-sharp minor,Op.66

フレデリク・フランチシェク・ショパン 
Frédéric François Chopin
Fryderyk Franciszek Chopin 
1810年3月1日(2月22日)~1849年10月17日 

ヨーロッパ・クラシック音楽(初期ロマン派)の大物。「ピアノの詩人」とも呼ばれ、後世に優れたピアノ作品を残した。 
1810年、ポーランドに移り住んだフランス人の父(ニコラス・ショパン)と、ポーランド人の母(ユスティナ・クジザノフスカ)の間に生まれる。4歳の時からピアノのレッスンを受け、その才能はまたたく間に開花、8歳には同国の貴族社会の中で第2のモーツァルトの登場とまで言われるまでになった。 
1825年、「ロンド ハ短調」を出版(作品1)。ショパンが15歳のデビュー作である。 
1829年、ウィーンで演奏会を開き大成功を収める。31年、パリへ向かい、同地でロッシーニやメンデルスゾーン、リストらとの交流が始まる。 
1836年、友人となったリストの紹介により、小説家のジョルジュ・サンドと出会い恋におちる。46年、破局。すでにこの頃、数多くの名作を発表していたショパンだったが、彼の体は結核によって深刻な状態になっていた。 
49年10月17日、パリで39歳の短い生涯を終える。 
ショパンの代表的な作品としては、以下のようなものがある。 
故国への愛情を裏づける「マズルカ」や「ポロネーズ」といったポーランドの舞曲。 
全部で4曲ある「バラード」、同じく4曲ある「スケルツォ」。 
前奏曲としては、「前奏曲 作品28の6」「同 作品28の7」「同 作品28の15(別名、雨だれの前奏曲)」など。 
「練習曲」とはいえショパンらしく深い味わいをたたえた全27曲……この中には、ポーランド革命軍がロシアに鎮圧されたショックを胸に書かれた「練習曲 ハ短調 作品10の12(別名、革命のエチュード)」がある。 
「ショパンのノクターン(夜想曲)」として知られる全21曲の内では、「5番」を筆頭に「2番」「8番」が最も親しまれている。 
このほか21曲あるワルツの内、「華麗なる大円舞曲 作品18」、「子犬のワルツ」(ワルツ 作品64の1)なども有名。 
生前には発表されず、死後に友人によって「幻想」と名づけられた「即興曲第4番(幻想即興曲)」も、彼の才能をいかんなく発揮した傑作として知られている。 

>2016年3月25日 初版 

★サウンドトラック機能を〔オン〕にすると自動再生します。
※【プチプカ シリーズ】は、浮かぶ音符仕様で書かれた楽譜です。



Be the first Reviewer for this book



   Users Online